「私の家政夫ナギサさん」ネタバレ!2話の視聴率12.8%でも3話で爆死の予感?

第1話で14.2%という高視聴率を叩き出した「私の家政夫ナギサさん」。

第2話が放送されたのですが、その内容はイマイチでした。

やはり1話目って面白いですよね。「BG2」もそうでした。

どうしても1話は興味本位でみなさん見るので、視聴率は良いもの。

そこから下がっていくのが普通なのですが、「私の家政夫ナギサさん」は1話目が面白かったので、掴みはOKということで、2話目もそこそこな視聴率は取れました。

視聴率12.8%は今のこのご時世じゃかなり良い方です。

しかしながら・・・2話は弱かった・・・。

週刊少年ジャンプで連載されている漫画だとしたら、一気に読者が離れてしまうんじゃないか・・・というくらいな感じだったように思います。

だからと言って、別につまらなかったとかって訳じゃないんですよ。

1話を引きずっているだけ・・・のような内容でした。

けど、多部未華子さんは可愛い・・・顔小さい・・・。

何故「私の家政夫ナギサさん」の2話は弱かったのか※ネタバレ含む

先ず、2話のあらすじを見てみましょう。

家政夫のナギサ(大森南朋)さんと手を繋いだまま眠ってしまったメイ(多部未華子)は、衝撃の事実にパニック状態に陥る。
さらに天敵の田所(瀬戸康史)が隣人であることが判明!ライバル会社のMRが隣の部屋に住んでいたとは…。動揺が収まらない中、今度はメイの母・美登里(草刈民代)が家にやって来た。
家政夫の存在を母に知られたくないメイは、ナギサさんを隠すのに奮闘。必死にごまかそうとする。
そんな中、メイは同僚の陶山薫(高橋メアリージュン)の計画で、田所と合コンすることに。渋々参加するメイだったが、田所が急接近してきて…!?

という淡白なあらすじです。

淡白なあらすじのように内容もあまりなかったような・・・。

ただ、2話であったのは、メイがナギサさんに癒されているような、“落ち着く”という感覚を感じていたのが心境の変化でした。

メイが求める「お母さん」にナギサさんが近い存在だ・・・と無意識に感じていたのかもしれません。

あとは、田所ともちょっと接近した感じですね。

しかしながら、メイはナギサさんになびきます。

原作の「家政夫のナギサさん」ではメイとナギサさんが結婚する!?というところまで話が発展します。

とはいえ、その話は原作漫画が一度完結したあと、ドラマ化するということで書き始めた続編なんですけどね。

ドラマ化しなかったら書く事もなかったであろう続編です。

商業主義ですね。

3話で視聴率は急落?

あくまで個人的な感想ですけど、2話であの内容なら、3話目では下手したら10%を切ることもあり得るんじゃないかと思います。

2話が12.8%ですから、現実的な数字は10.3%~11.7%くらいじゃないかと思います。

この数字に何らかの根拠やデータはあるかって?そんなものはありません。

あくまで、個人的な肌感で言っているだけの何の根拠もない戯言です。

しかしながら、いち視聴者である私がこう感じたんだから、私と同じように感じた人は他にもいるはずです。

そういった人がジワジワと視聴するのを辞めていくんです。

「恋つづ」と「逃げ恥」の再放送でついた視聴習慣が離れていってしまうのも否めないですね。

ではここで3話のあらすじを見てみましょう。

メイ(多部未華子)とナギサ(大森南朋)さんが一緒にいるところへ、予定より早くメイの母・美登里(草刈民代)がやって来た。
メイは、ナギサさんが家政夫で、美登里とは絶縁状態にある娘・唯(趣里)と同じ家事代行サービスで働いていること。
そして自分が母に似て、家事全般が苦手であることを告白する。
ところが、美登里は「メイは“やればできる子”」と、またも呪いの言葉をかけ、メイも母の期待に応えたいと決意を新たにする。
ナギサさんに「仕事と家事の両立を目指す!」と宣言したメイは、翌朝から仕事同様、家事に奮闘!
しかし、まったくうまくいかず、ストレスはたまる一方。己の掃除・料理への適応力のなさに絶望するしかなかった。
そんな中、メイはライバル会社のMR・田所(瀬戸康史)から食事に誘われる。肥後(宮尾俊太郎)への提言など、田所に恩があるメイは、少しずつ田所に心を開き始めるのだが…。

という感じです。

う~ん、やはりこの先が思いやられる気がします。

この作品「私の家政夫ナギサさん」は働く女性の話です。

そして今期には働く女性の話が他にもあります。

それが「ハケンの品格」です。

同じ働く女性ものドラマとして、どうやら視聴率などで比べられているようです。

正直、どっちもどっちな気がしますが、「ハケンの品格」は大泉洋が完全復活ということで、これから視聴率が上がりそうな要因があります。

しかし、「私の家政夫ナギサさん」は・・・これから視聴率は右肩下がりな気がします。

これはあくまで私の感想なので、本当にそうなるかは分かりませんが、「ハケンの品格」に軍配が上がりそうな気がします。

ただ、未知なる要素としてあるのが「ナギサさんかわいい!」「ナギサさんに居てほしい!」という声です。

この「ナギサ推し」の声がどこまで広がるのかで、視聴率は変わってくるかもしれません。

ドラマ「私の家政夫ナギサさん」2話を見たみんなの感想

色々な意見・感想はありますが、概ね良好で好意的な意見が多いですね。

しかし、何故大森南朋さんのナギサさんにそこまでハマる人が多いのか・・・。

私には理解できない・・・。

ナギサさんパワーというか、大森南朋さんパワーで視聴率はこれからも据え置きになる?

それとも、多部未華子さんの可愛さがそれを支える!?

このドラマ、何らかのテコ入れが必要だぞ!!

と思うのは私だけでしょうか。

これからの「私の家政夫ナギサさん」を見守りましょう!

 
【関連記事】

「探偵・由利麟太郎」最終回は面白かった?※ネタバレあり!爆死ドラマの結末とは

「ハケンの品格2」大泉洋4話から復活!それでも拭える“何か違う”感

「BG2身辺警護人」に変化!もうキャスト頼りじゃない物語!ネタバレあり

「探偵・由利麟太郎」は面白くない?2話ネタバレ!視聴率6.3%で大爆死!打ち切りも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。